NPO法人 草木の会ブログ - 2012






[PR]



2012年06月14日(Thu)▲ページの先頭へ
草木の会6月活動もうすぐです〜

手作りコンサート&ちょっとピザカフェin古民家  

6月16日(土)pm1:00 場所 いまみや工房 

一般参加費500円


プログラム


オカリナ二重奏 米村さん 高橋さん

手作りオカリナ合奏 

ギターオリジナル演奏

大正琴合奏  八雲町の大正琴愛好家の皆さん

フルート二重奏 石倉さん 嵐さん

石倉真樹子さん(フルート演奏家)のフルート独奏

米山麻美さん(プラバホール専属パイプオルガニスト)
パイプオルガン仕様シンセサイザー演奏
ベビイオルガン(足踏みオルガン)演奏

石倉さん米山さんのコラボ演奏
                
      全員合唱

 今回の企画は草木の会の3月、4月の活動で「古代出雲で使われていた地元の土を使い、手作りでできたオカリナ」をみんなで合わせて吹くという活動をふくらませ、そのときに参加いただいた米山麻美さんにも手伝っていただき楽しい手作りコンサートです。
 古民家に響くパイプオルガンの音色もさることながら、この場所にぴったり、ということで今は貴重な足踏みオルガンを特別にお借りし、米山さんに弾いていただきます。また、フルート、大正琴、オカリナなど草木の会に縁のある方々に楽しい音色を響かせていただくのが楽しみです。

また、いまみや工房では草木の会の仲間で先日、耐火煉瓦を積んでピザ窯を作りました。当日はコンサートに先立って、このピザ窯で焼きたてのピザをつまみながらコーヒータイムを過ごしていただく、楽しい企画になっています。

         
興味のある方、いまからでもOK!連絡ください♪ 



2012年04月30日(Mon)▲ページの先頭へ
がいせん桜はまだでしたが新庄村は素敵な村でした。
ちょっと遅くなりましたが新庄村ツアーの報告です。



真ん中の方は新庄村の町長さん


ガイドの方が丁寧に説明くださいました。


メインストリート。桜が満開になるとさぞかしきれいと思います。


松江藩の宿場で栄えた地です。葵のご紋の陣屋です


水路には昔のタンパク源の鯉がたくさんいます


桜茶屋で地元の食材の定食。クサギのおひたしや、つくしのてんぷらもおいしかったですね。


山を熱く語る林業を営んでおられる黒田社長


右側が手入れした山、左はまだの山。日光が入るかどうかが大切です。


社長のご自宅にも上がらせていただきました。


広葉樹に守られた形で、杉、檜を植林するのが山を守る林業です!
谷には針葉樹。尾根にブナなどの広葉樹。
日本の山のこれからのモデルです。
とても勉強になりました。


ふきのとうもとりました。


男滝、勇壮でしたよ。




帰りに素敵な風景でパチリ
裏大山から蒜山の山並みです。

みなさんご苦労様でした!










6月は手作りコンサートです!!
6月の活動は手作りコンサート&手作りカフェです。

6月16日(土)pm1:00くらい
     場所 いまみや工房

3.4月にオカリナ作りをしましたが、その演奏会も兼ねます。
今のところ出場者は

メインゲスト 米山麻美さん(キーボード?)
        石倉真樹子さん(フルート)

オカリナ 米村さん  その他素人の皆さんで楽しくきらきら星
草木の会スタッフ    純子ちゃんのボーカル
              三島のギターオリジナル曲(東京もんにはまけないぞ)
              大正琴もあるかも

こんな感じで楽しくやりたいと思います。
出場枠がまだあります!楽しみたい方、いかがですか?
カフェも予定していますので、冷やかし歓迎です。というか一緒に熱くなってください。
もしかしたら、そのころにはピザ窯ができているかも。できてたらピザが食べれるかも知れません。
かも、ですが。
入場料は要りません!
出場者にはいまみや工房のうつわのプレゼントあり♪


大東町山王寺地区棚田ツアー&山野草採取&てんぷら
新庄村ツアーすばらしかったです。
報告よりも先に5月の予定になってしまいました。
5月の活動は大東の棚田に行ってからてんぷらです!







棚田保全に取り組む方々のレクチャー、散策、山野草の採取の後、​いまみや工房にててんぷらにして楽しくおいしいお昼をいただきま​す。一緒に本当の豊かさを感じてみませんか

5月12日(土)8:00いまみや工房集合 乗りあわせで現地に行きます。
12:30解散予定
    
参加費 一般 500円 会員 無料 昼食費全員500円



昨日、棚田保全にも取り組む草木の会のメンバーでもある野津さんはじめエコビレッジの皆さんのお姿に、私もまず行ってみようと朝​早く山王寺に嫁さんと出かけてきました。すばらしい風景です。棚田のオーナー制度などもあるそうですね。
5月の活動は古代出雲めぐりサイクリングの予定でしたが、多くの​方に、水をたたえた美しい棚田を感じていただきたく、変更して、​こんな活動になりました。お時間がある方、ご一緒いかがですか?

雲南市のホームページより

山王寺の棚田は、平成11年「日本の棚田百選」に認定されました。
雲南市大東町の北東部標高300mの山腹に位置し、面積19ha、棚田数約200枚を有し、地区の農家により守られています。
毎年棚田祭りを開催し、青空市場で新鮮な野菜等を直売するなどの取り組みも進められています。
また、島根県無形文化財指定の神楽である山王寺神楽が伝承されており、地域の暮らしの中に豊かな伝統文化が根付いています。
ふるさとの原風景がいきづく山王寺の棚田は、国土・環境保全はもとより、県民の健康的でゆとりある生活を確保する上からも大きな役割を果たしています。


2012年03月28日(Wed)▲ページの先頭へ
新庄村にいってみよう




NPO法人草木の会 4月活動

4/15(日) 集合:9:15 出発:9:30 集合場所:合庁P
参加費:一般参加500円 会員無料 交通費:1000円
昼食:必要な方は1500円で予約できます

参加希望の方は参加者全員の住所・氏名・電話・昼食の有無を
メールフォームまたは
080-3052-7865 三島
090-5379-4848 淺津
まで 〆切4/5

岡山県真庭郡新庄村
水源の森百選 日本のかおり風景百選 日本の音風景百選(新庄宿の小川)
に選ばれた村です





今回は先人から受け継がれてきた地域の自然、歴史、文化を大切にしながら誇りある村を作っておられる、岡山県真庭郡新庄村に研修旅行します。現地の方にお話を伺ったり、凱旋桜並木を散策したりします。
昼食をお願いしている、脇本陣・木代家は出雲往来の宿場として栄えた新宿宿で脇本陣をつとめた家です。屋号は「向馬場屋」と称し、江戸時代の終わり頃に建てられた幕末を代表する建物で、三列六間取りの大規模家屋です。



新庄村

岡山県北部の山間地に位置する新庄村
他の町村との合併を断り、「村」であり続ける道を選んだ小さな村です
そこで暮らす人たちは都市部とは違った人間らしい生活を今も続けています

本当に特殊な新庄村の自然

新庄村の自然は本当に特殊なんですね。本来ならば生息するはずのない高山植物が生きている。標高がせいぜい700メートルしかない新庄村に。詳しく言えば北方寒冷地系の植物と言うんですが、これが新庄村だけで59種類もある。高山植物が多いといわれている蒜山高原ですら種類は51種類。しかも面積が新庄村の2.8倍もあるうえに標高が1000メートル以上のエリアがたくさんある。それでも51種類。いかに新庄村が特殊かわかるでしょう。植物を研究しているもので新庄に心が魅かれない人間なんていないですよ。見かけることのない蝶が飛んでいる。草原の蝶、森林の蝶、見たこともない蝶がごく普通に飛んでいる。これは凄いと思いましたね(笑)。さらにですよ、蝶ってじつはものすごい偏食なんです。ごく限られたものしか食べない。こんな珍しい蝶が飛んでいるんだから植物もきっと面白い物が育っていると思って調べてみたら、あるわあるわ(笑)、特に『ウスイロヒョウモンモドキ』はまさに希少種。この『ウスイロヒョウモンモドキ』はね、全世界で最西端に生息しているのがスペインとフランス国境のピレネー山脈。飛翔力に弱い『ウスイロヒョウモンモドキ』が長年かけてたどり着いたのがこの新庄村。まさに『ウスイロヒョウモンモドキ』にとっての東端の生息地です。ロマンがありますよね。
新庄村は本当に自然豊かで、特殊な場所です。
日本アルプスでは1500メートルから2000メートルの間で育っている植物が、標高700メートルの新庄村で平気な顔をして育っています。『オニシモヅケ』がその例です。
太平洋のブナ林は葉が小さい。日本海のブナ林は葉が大きい。モミジも太平洋と日本海では違います。新庄では不思議とそのどちらも並んで育っています。新庄村の周りは1000メートル級の山々に囲まれています、そのせいかもしれませんが、とても特殊な何かを感じます。私はね、この新庄の特別な自然を見守りながら、そして生き続けていけるように守っていきたい。それが新庄村に住んでいる私の使命だと思っています。

新庄村にくらす 増田 茂さん

新庄村暮らしのホームページより






2012年03月22日(Thu)▲ページの先頭へ
自然農法でできた大根 、おいしい〜
いまみや工房から歩いて5分のところに休耕田をお借りして畑を作っています。
自然農法の畑です。
去年は工房立ち上げに忙しくなかなか畑まで出来ませんでしたが、今年はがんばろうと思っています。
この大根は無農薬、非耕起、無肥料のものです。
小さいですが、丸かじり、最高に美味しいです。
シンプルなすがすがしい味がします。
食べにきてください。



2012年03月02日(Fri)▲ページの先頭へ
3月18日はくちなしの花の草木染とオカリナ作りをします!
もう3月に入りましたが、三寒四温とまではいかない感じですね。梅の便りも1ヶ月遅れのようです。
さて、3月の活動のお知らせです。

くちなしの花の草木染とオカリナ作りをします!


今度はどんな色になりますか。


先日はこんなオカリナができました。
今回も好評に付き、前回と同じ内容で行います。


いまみや工房で10:00〜

一般の方会費 草木染500円 オカリナ1000円 食事代500円
会員は割引です

定員それぞれ10人くらいまで

ご参加お待ちしています

参加希望の方は直接電話いただくか、メールフォームでどうぞ


2012年02月28日(Tue)▲ページの先頭へ
蓬と枇杷の草木染。と陶芸をしました。

12月4日(日)は草木染と


古代出雲土の陶芸


両方


やりました!




陶芸も熱心。


やっぱり薪ストーブは良いです。


草木染、この日は蓬(よもぎ)と枇杷。




ミョウバンが媒染液。


よもぎ


枇杷、どちらもきれいな色に染まっていますね〜


作業が終わったら、


ご馳走いただきました。女性陣、いつもありがとうございます。



2012年02月26日(Sun)▲ページの先頭へ
♪1300年古代出雲土を使ったドレミファの吹けるオカリナ作り♪できました!
楽しいオカリナができました〜



パイプオルガンの米山さん、熱心でした。さすが。


いでたちも気合入り!


東京からIターンで大東で農業に挑戦しておられます若いお二人。


乃木小からもやってきてくれました♪


大山王国ツアーデスクからもきていただき、


おいしく


親子どんぶりいただきました〜


やっぱり草木の会は食べないと・・


ご苦労様でした。
次回は合奏〜♪?




2012年02月23日(Thu)▲ページの先頭へ
1月の活動は花びら染めでした♪
1月29日はまだ寒かったですが、花びら染めという珍しい染め方をしました♪
山茶花、ジャコバサボテン、シクラメン、紫キャベツだったようです。
染めたものの写真をとりあえずのせます。解説はまた。









みんな可愛い色に染まってました。


2012年02月20日(Mon)▲ページの先頭へ
BSSラジオ自由ほんぽーおしゃべり本舗で紹介!オカリナ作り♪

お知らせしたオカリナ作りにまつわる話を
BSSラジオで紹介させていただくことになりました♪
機会がありましたら、耳を傾けてやってください。
滑舌はイマイチで・・ですが。

番組 「自由ほんぽーおしゃべり本舗」(月〜木12:40〜15:55)
日時 2月21日(火)13時35分頃〜 5〜6分くらい
担当 べるを・谷口和美様


おかげさまで会員以外で6人申し込んでいただいています。
まだ、余裕がありますのでよろしかったらどうぞ


2012年02月17日(Fri)▲ページの先頭へ
2月活動  ♪1300年古代出雲土を使ったドレミファの吹けるオカリナ作り♪
今年は年間スケジュールもできて、楽しい活動が目白押しです♪
又お知らせしますね。
とりあえず今月は・・


昨年七月に出雲国分寺跡近くの工事現場で行われていた遺構調査。
捜し求めていた、国庁や国分寺の瓦や、須恵器など(発掘されて出雲風土記の丘に展示されています。)
に使われていた土が1300年の眠りから姿を現していました。その古代出雲土を使って今回はオカリナを作ります!
ドレミファもバッチリ吹けるオカリナを楽しく指導します!
作り終わったら合奏しま〜す?
楽しい昼食会もありますよ!
お待ちしております!



日時    2月26日(日) AM10:00〜 
場所     いまみや工房
参加費    1000円(材料費、焼成費、音色調整費) 
        昼食代300円 
持参するもの  エプロン、やる気、笑顔 
指導     いまみや工房 三島
定員     15名   

申し込み、お問い合わせはメールフォームまたは
三島携帯 080−3052−7865まで




草木染、やっていました!10月活動の記録です
ブログ担当三島の多忙と怠慢で長いこと更新が止まったままでしたが、反省して本年はまめにやっていきますのでよろしくお願いします。
未掲載の記録をすこしずつ載せますので見てやってくださいね。

昨年の10月29日はセイタカアワダチソウと玉葱で草木染をしました。
セイタカアワダチソウは、アトピーの原因、などといわれていましたが、実はそうでもないらしく、喘息に良い、ということもあるようです。
詳しいことは、後日。
絞り染めでどちらもきれいな色に染まりましたよ。


これがセイタカアワダチ


こちらは玉葱の皮


くたくたと煮ます。






この日は絞り染めだったので、今は布を割り箸にはさんだり糸で縛ったりして
絞りの仕込をしています。
年配者も生き生き!


ほれほれ


あらら


煮汁に投入!




いや〜めがねが曇ったわい




今度は媒染液につけます。するときれいな色に変身!



できました!











   



メールでのお問い合わせ
草木の会談話室♪

★みなさんのコメントお待ちしています!
記事の終わりのcommentsをクリック!


新着トラックバック/コメント

ブログ村に参加中!
クリックしてみてね!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

古民家で陶芸。
いまみや工房ブログ

カレンダ
2012年6月
         

アーカイブ
2010年 (43)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (8)
10月 (4)
11月 (9)
12月 (4)
2011年 (34)
2月 (6)
3月 (1)
5月 (12)
6月 (5)
7月 (8)
10月 (2)
2012年 (13)
2月 (6)
3月 (3)
4月 (3)
6月 (1)

アクセスカウンタ
今日:42
昨日:28
累計:167,852