こんな活動をしました!いまみや農園

NPO法人 草木の会ブログ




[PR]



2012年03月22日(Thu)▲ページの先頭へ
自然農法でできた大根 、おいしい〜
いまみや工房から歩いて5分のところに休耕田をお借りして畑を作っています。
自然農法の畑です。
去年は工房立ち上げに忙しくなかなか畑まで出来ませんでしたが、今年はがんばろうと思っています。
この大根は無農薬、非耕起、無肥料のものです。
小さいですが、丸かじり、最高に美味しいです。
シンプルなすがすがしい味がします。
食べにきてください。



2011年07月07日(Thu)▲ページの先頭へ
いまみや農園、ぼちぼち育ってます。

草ボウボウでしたが、さすがにあんまりと思い今日は草刈をしました〜




しかし!見よ元気なさつまいもの葉っぱ。


里芋も、


やっとこ、芽を出してきました。けなげです。涙。


これは生姜!


オクラはなんとか・・


死にかけていたなすびは元気に復活!細いけれど、虫がついていません。
これが自然農法のすごいとこ?


ピーマンも何とかできるかも・・

収穫したオクラとピーマンと明日葉で昼はラーメン食べました。
すみません。


オクラ、とってもさわやかなおいしさでした。

これから少しずつ育っていくと思いますので、また報告します!





2011年05月07日(Sat)▲ページの先頭へ
いまみや農園に里芋、生姜、さつまいも、植えました〜
5月2日、やっと、初植えをしました。


今日は少し使いました、管理機。


刈った草はさつまいもの苗が乾かぬよう、草マルチに使います。


誰?


元気元気!


大庭自然農園の野津さんも駆けつけてくださいました。
しっかり指導していただき、目からうろこでした。


野津先生に、しっかり手伝わせてしまっています。汗。


右の畝はさつまいも。もう草マルチが終わっています。
左の畝の穴は里芋と奥のほうに生姜。今、穴あけをしています。


里芋を投入!


種生姜の割ったところが腐らないように割った部分に灰をつけると良いそうです。
これは桜の灰。


灰の処理の終わった種生姜。


作業は続き・・


やった〜


やりました〜


まだまだ場所がたくさんありますよ〜
ぜひごいっしょにどうですか?











いまみや農園その後・・
いまみや農園って、どうなってるの?
と思っている方もいらっしゃるのではないか?
と勝手に思っています・・・
スタッフの多忙と、寒さで作業がはかどっていませんでしたが、やっていますよ〜。
こちらは4月21日の畝たて作業の様子です。


後方には神名樋山・・すばらしい!!




新人の剛君です。


溝がまっすぐになるように荷造りテープを張っています。



いまみや工房の向かいの石原さんに管理機をもらいました。
自然農法では基本的に不耕起なのであまり使いませんが、時々、使います。
ちょっと可愛いですね。








2010年12月10日(Fri)▲ページの先頭へ
いまみや農園畝立て作業をします。
いまみや農園畝立て作業をします。12月12日(日)予定

自然農では畑を耕しませんが、水はけを良くするために畝(うね)立てはしっかりする必要があるようです。水はけのよい土地だと必要ないこともあるようですが・・

いまみや農園は休耕田なのでしっかりこの作業をしなければなりません。

3月くらいから、種おろしなどを始める予定ですが、畑の下準備として、まずはおよそ一反の田のぐるりに、幅50センチ深さ30センチくらいの溝を掘っていってまくら畝を作る必要があります。

本格的に寒くならないうちにすませておこう!ということで頑張ってやります。

川口由一さんの本をテキストに野津さんに教わりながら少しずつやって行くことになると思います。


先週の活動では作業が出来ませんでしたので
12月12日(日)9:00いまみや工房集合で作業を行います。
作業は1時間ほどやって、後はお茶会。
10:30〜11:00には解散予定です。

参加者募集しています。
興味のある方はご連絡くださいね!


2010年12月06日(Mon)▲ページの先頭へ
いまみや農園予定地に集まりました。
いまみや農園予定地はいまみや工房から5分くらい西にあります

目の前に出雲国庁跡。右側には茶臼山(古代には神名樋山と呼ばれていたそうです)


いいとこでしょ!


ちょっと溝堀をしてみました。


みなさん、ご一緒にどうですか?






自然農法の勉強会をしました
12月4日、大庭自然農園に出かけ自然農法の勉強をさせていただきました。
野津さんの丁寧なお話を伺って、みなさん、目からウロコだった模様です。


好天に恵まれました。


自然農法は耕さないんです。不耕起栽培です。


農薬は勿論ですが、肥料も基本的にはやりません。
草と、土の中の生物が耕す働きをして、自然に土を豊かにしてくれます。


こんな可愛いかずらが実を付けていました。


生えすぎた草は刈って、土の上に乗せて草マルチにします。
少しずつ効く自然の肥料の働きをしてくれます。


大庭自然農園はなだらかな丘になっていて丘の上は絶景です!


休耕田を畑にする場合は水はけをよくするために、幅50センチの溝を掘って畝を作るんです。
フンフン、われわれもできるかな〜。



この後いまみや農園予定地に移動しました。
野津先生、ありがとうございました!





   



メールでのお問い合わせ
草木の会談話室♪

★みなさんのコメントお待ちしています!
記事の終わりのcommentsをクリック!


新着トラックバック/コメント

ブログ村に参加中!
クリックしてみてね!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

古民家で陶芸。
いまみや工房ブログ

カレンダ
2017年11月
     
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ
2010年 (43)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (8)
10月 (4)
11月 (9)
12月 (4)
2011年 (34)
2月 (6)
3月 (1)
5月 (12)
6月 (5)
7月 (8)
10月 (2)
2012年 (13)
2月 (6)
3月 (3)
4月 (3)
6月 (1)

アクセスカウンタ
今日:32
昨日:28
累計:175,848